FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の片思い

こんにちは。フューチャーデザインの神永です。


電車に乗っていて、読売新聞の広告で心を動かされたフレーズ、「永遠の片思い」をご紹介。


ご覧になった方も多いと思いますが、一応。



*********



親が子を思う情はいつの世にも『永遠の片思い』であるという。


片思いに応えられる年齢になったとき、親はいない。


墓前にたたずめば人は誰もが


『ばか野郎』となじってもらいたい親不孝な息子であり、娘であろう。



**********



この言葉、多分、娘達が生まれる前であれば、なんの気なしに通り過ぎていったことでしょう。


今、2人の子供の親となって始めて分かります。



「永遠の片思い」



それでも、今はまだ私の子供達は小さいから、親の愛情に応えてくれます。

でももう少し経ったら・・・。



親を見向きもしないでしょう。(すでに友達の方が大事になってるし・・・)




それでも、私は子供達が好きなんですね。好きでありつづけるんですね、多分。


例え無視されようが、大事に扱われまいが。




だから、永遠の片思い。



今だから、分かります。




もちろん、「なに言ってんだ、こいつは!」と思うこともあるでしょう。

でも、「子供」であることに変わりはないんですよね。




幸い、私の両親は健在です。



だから”墓前”っていうのは、イメージできないし、したくもない。


でも離れて暮らしている今だからこそ、「ばかやろうとなじってもらいたい」気持ちが分かります。



近くに居ると照れくさいんですよね。

一緒に住んでいて、「ありがとう」なんて言葉は言えなかった。

ちょっと後悔してます。



今日は、高校の同級生達8名(私入れて9名)の飲み会です。

彼らも20前後で親元を離れて、ずっとこちらで暮らしてきた仲間。


今日はこんな話も肴の1つにして飲んでみたいな、と思います。



皆さんも、もし親御さんが離れて暮らしていらっしゃるのであれば、

電話で「ありがとう」の言葉を言ってみませんか?



コーチングでも言うんです。「感謝の言葉は後回しにしちゃだめ。今言わなきゃ。」

できてない自分が居るんですよね。


でも、「ありがとう」伝えてあげてください。


では、今日もがんばってゆきましょう!!




私もこの場をお借りして。


※このブログを見てくれているであろう両親へ。「いつもありがとう!」



____________________________


営業力強化・新規事業・計画策定・調達ならフューチャーデザインへ!
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
最新記事
ページナビゲーター
当ブログ内のページを読み進める場合には、こちらのツールが便利です!

Designed by 石津 花

自己紹介

神永 将行

Author:神永 将行
東京で経営コンサルタント会社である株式会社フューチャーデザインの代表をしています。中小企業様の課題発見~解決までを体系化し、今まで職人芸と思われていたコンサルタント業務を「科学する(=再現性がある)」ことを命題に日々活動を行っています。

【経歴】
1974年 茨城県水戸市生まれ
茨城県立水戸第一高等学校 卒業
早稲田大学政治経済学部政治学科 卒業
国内大手独立系コンサルタント会社
あおぞら銀行(旧日本債券信用銀行)
オリックス・キャピタル(オリックスのベンチャーキャピタル子会社)
を経て個人事業として独立。
その後、株式会社フューチャーデザインを設立し現在に至る。
ベンチャー企業等複数者の役員を兼務。

リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
コンテンツカテゴリー
ご連絡はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサード リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

cbist::無料アクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。