FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイレストラン ブアールアン @北千住 

こんにちは。フューチャーデザインの神永将行です。

今回ご紹介するのは、先日行った『タイ料理ブアールアン』さん。


北千住西口を出て、国道4号線に向かってまっすぐ進みます。

4号線にでて、更にまっすぐ「町屋・千住桜木町」方面へ。ひたすらまっすぐ。


左側に『東日本銀行』が見えたら、そこはもうゴール!

以下のような看板が見えてくるはず。

100601_120930.jpg

ランチメニューです。基本3種と日替わりがあります。鶏肉バジル炒めのある水曜日がお勧め。
100601_120957.jpg


このレストラン、駅から遠いのですが侮れない。本格的な辛さとうまさを堪能させてくれます。
google等で「ブアールアン」で調べていただくと、結構な数が出るはず。

さて、オーダーすると、まず最初にサラダが運ばれてきます。

まあまあ。

100601_1236191.jpg


そして、次にご飯物を頼んだ人間にはスープが。
まあまあ。
100601_1236321.jpg


そして、メインのご飯物がくるとノックダウンされるのです。
以下はイカゲソ炒めご飯ですが、イカのうまみが香草の香りと共に凝縮され、なんともいえないハーモニーを
醸しだします。

コレが、鶏肉だと更に最高。

卵焼き(というか卵揚げ?)はナシゴレン等に欠かせない!
これがあるのとないのでは、味の深みが一味もふた味も違います。

100601_1237531.jpg
100601_1238031.jpg

こちらは、グリーンカレー。
最初の一口目は、濃厚なココナツミルクの味にだまされます。大して辛くない、と。
しかしそれは嘘!。その後飛んでもない辛さ(人によります)に襲われます。
とはいえ、痛いだけの辛さではなく後を引く辛さ。だからたちがわるい。
口に運ぶのがやめられないんですね。
100601_1239011.jpg
100601_1239091.jpg

そしてこちらは、トムヤムクンスープ。
すっぱ辛いのですが、深い味わい。ベトナムのフォーのような麺で(タイでなんと言うのかしりません、すみません)
なかなかおいしい。
食べ終わって、「ふ~辛かった。水、水。」となるのですが、またスプーンでスープを飲んでしまう。

この魔力は一体なんなのでしょうか?
100601_1240041.jpg


皆様も北千住に行かれた折には、ぜひ。


あと、知られていませんが、北千住は「魚食い」の街です。
ある雑誌の特集では「魚食いは築地より北千住」との特集もしていました。

北千住は知る人ぞ知る、千住市場(魚市場)があります。

そして、その市場での優先権や優遇権を持っている店が非常に良いネタを安価で提供してくれるんですね。


またの機会に、今度は「魚食い」のための北千住の店をご紹介いたしましょう!

乞うご期待!
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
最新記事
ページナビゲーター
当ブログ内のページを読み進める場合には、こちらのツールが便利です!

Designed by 石津 花

自己紹介

神永 将行

Author:神永 将行
東京で経営コンサルタント会社である株式会社フューチャーデザインの代表をしています。中小企業様の課題発見~解決までを体系化し、今まで職人芸と思われていたコンサルタント業務を「科学する(=再現性がある)」ことを命題に日々活動を行っています。

【経歴】
1974年 茨城県水戸市生まれ
茨城県立水戸第一高等学校 卒業
早稲田大学政治経済学部政治学科 卒業
国内大手独立系コンサルタント会社
あおぞら銀行(旧日本債券信用銀行)
オリックス・キャピタル(オリックスのベンチャーキャピタル子会社)
を経て個人事業として独立。
その後、株式会社フューチャーデザインを設立し現在に至る。
ベンチャー企業等複数者の役員を兼務。

リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
コンテンツカテゴリー
ご連絡はこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサード リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

cbist::無料アクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。